×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

通貨について/2010年05月01日更新

通貨について

________

旅行先で大切になってくる物といえば何と言っても現金でしょうか。 ちょっと夢が無い感じかもしれないですが現実的にお金は旅先でも大切です。 2008年夏にオリンピックを控える中国、その為もあってか今後中国旅行を考える人も増えて来ると思います。 そこで今回は中国旅行の際のお金の知識について少し見て行きたいと思います。 まず中国では、元(人民元)が通貨の基本単位となります。 同じ中国でも、香港とマカオなどでは通貨単位が異なり、深川や珠海など香港やマカオに近い町では香港ドルが流通しているそうです。 1元は10角(口語では毛)で、札の種類は100、50、20、10、5など12種類、硬貨は1元、5角、1角、5分など6種類です。 元はユアン、口語では塊でクワイ、毛はマオ、分はフェンと読むそうです。 為替レートを知るには「A China Travel Link Page」や中国旅行情報庫トップページなどネット検索が便利です。 日本外貨から元への両替は基本的に日本ではできませんので、中国入国時に両替するのが一般的とされています。 中国では、日本円の現金またはトラベラーズチェックを持っていけば両替が可能です。 米ドルの場合は2回両替が必要なためレートが若干良くとも、結局は手数料が多くかかってしまうそうです。 しかし中国経由で第三国へ渡る場合などは米ドルが必要となってきます。 トラベラーズチェックは、外国為替取扱銀行、主要郵便局、空港にある銀行などで購入する事ができます。 またVISA、MASTERなどの主要なクレジットカードならば現地のATMなどで元の引き出しができるそうです。 両替場所なのですが、空港の銀行、空港の自動両替機、駅の両替機、ホテルの両替機、中国銀行、中国建設銀行・中国人民銀行など、百貨店、街角の両替屋(香港のみ)などがあるようです。 注意したい点としては、空港での両替は額が制限される場合があることと、深夜には両替所が閉まっている場合があること、祝祭日は銀行が休みの場合がある、ホテルの両替は宿泊客限定の場合が多い、中国銀行でも中小都市の場合やホテルではトラベラーズチェックの両替ができない場合が多いなどがあるようです。 そして再両替ですが、中国で両替をすると必ずレシートがもらえ、そのレシートが人民元が余って再び両替する際に必ず必要になってくるようです。 ただし、総両替額の約半分までしか再両替できないそうです。 中国旅行の前調べとして、お金についてもしっかりと調べておいて、現地に着いた時に身軽に行動できるようにしておくと色々と便利そうだと思います。
┌┐
└<>
yahooBB
交際相手のサラリーマン作るには?
香川で上戸彩似の彼女欲しいです。
eモバ回線申\込み
京都府で素敵な知念侑李似の恋人募集中!

┌┐
└<>

(C)通貨について